少し前のこと、長年の愛車を売ることにしました。

車を手放そうと決めたならば、一番最初にすること

少し前のこと、長年の愛車を売ることにしました。売りに行ったときに取引してくれる中古車業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや売却手続きなどに関する書類の丁寧な説明を受けました。長年乗ってきた車なので、大切にしてくれる方に売れて欲しいと思い、真剣に説明を受けました。

車査定を依頼する前に、車体にある傷は直すべきなのか気がかりですよね。

簡単にすぐ自分で直せる程度の小さめの傷なら、直した方がよいと思います。

でも、自分で直せない大きい傷の場合は、修理の依頼はしないでそのまま車の査定を受けた方がよいのです。

中古車査定において、へこみやキズがある車は査定額が下がるのが普通です。

しかし、マイナス査定を避けようと前もって自ら直そうとするのはあまりお勧めできません。

自分でキズやへこみを直したといっても、個人で直すのにかかった経費より多く査定額が上昇する場合はあまりないからです。個人修理しようとするよりも、買い取った後に買取業者が提携の修理業者に依頼した方が費用を低く抑えることができるからです。中古車買取業者に少しでも高い値段で買ってほしいのであれば、査定依頼する業者は複数でなければなりません。

そうは言っても実際のところ、仕事が休みになるたびに複数の買取店を尋ねて回るというのは現実的ではありません。

そんなときに中古車一括査定サイトが役立ってくれるのです。買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。もっともデメリットもないわけではなく、たくさんの買取業者から競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、それはそれで面倒です。

車を買い換える際に古い車の下取りをディーラーに依頼するのは珍しくありません。

購入した店で引き取ってくれて、しかも新車は割引になるので、買取業者を利用するのにくらべると大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。ただし、実際の買取価格で比べると中古車専門店による買取とディーラー下取りでは、中古車屋による買取りの方が高額になるのは確かです。

安い値段で下取りされると後悔が残りますし、高く売るつもりなら買取業者に査定してもらった方が、満足のいく結果が得やすいです。なるべく多くの会社から見積りをとって比較するのは、中古車を高く売るための基本です。では何社くらいに依頼すれば良いのかというと、3社の結果で満足する人もいれば不満が残る人もいるので、主観が入る部分もあるかと思います。だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、比較検討するためと、相見積りという状況でできるだけ高額の査定を引き出すためです。

本来の目的さえ満たすものなら、どれだけ多くの会社に依頼しようと構わないでしょう。通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、査定額が大幅にマイナスになる要因の一つになるのです。かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが同じように修理歴車になるわけではないのです。車のいわゆる骨格に相当する部分にまで修理が及んでいなければ、外装のへこみなどを板金塗装してあったとしても通常の修理歴車扱いにはなりません。

でも、修理歴車というレッテルは貼られなくても、査定時に修理した履歴がある車は見積額を低くされてしまうことも多いに考えられます。

自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、年に一回請求が来て、毎年4月1日の時点での車のオーナーにその請求がかかるようになっています。

そうは言っても、車を売ろうとする場合には、残っている月数分の税金相当額が見積もりにプラスされるので、勿体ないと感じることはありません。

ただ、自動車重量税については同様ではなく、廃車にするケースを除いては還付されるようなことはありません。

しかし、還付される決まりはなくても、支払い月数分の残りをプラス査定してくれるケースもあるのです。

自動車重量税に関しては買取業者と直接交渉してみると良いですね。車を処分する際の査定にはタイヤのコンディションは価格に対する影響が少ないものです。

例外といえばスタッドレスタイヤで、もしスタッドレスに替えている時は、ひと手間かけてでもノーマルタイヤにしてから売りましょう。

一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはノーマルタイヤの方が需要があるので、交換してから売り出すことになります。当然ながらタイヤ交換費用を見積額から引いておくわけです。手元に普通タイヤがある人ならぜひ交換しておくべきです。実際に自動車を手放そうと考えたときに、ディーラーに下取りに出した方が良いのか中古車買取会社に売った方が良いのかは、何を第一希望と考えているかでお勧め度が違ってきます。何はともあれ手続きが簡単な方が良いのであれば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

車を売ることと買うことの両方が一緒にできるので、手間がかからないのが良いでしょう。手間を惜しまずに、幾らかでも高く手持ちの車を売却したいのであればディーラーでなく買取業者に依頼する方がベターです。一社で納得せずに、多くの買取業者に査定を依頼する事で、なるべく高く買い取りしてもらえる可能性が高まるのです。